>日本の包丁は今注目されています!

セラミックの刺身包丁

セラミックの刺身包丁について

日本の包丁は今注目されています!刺身包丁は刺身を調理するために特化した包丁であり、特徴としては刃が長く、一度引くことによって魚を傷つけることなく切り、旨味を閉じ込めたまま刺身を造ることができるものです。また、無理な力を加えなくても簡単に切ることができるように厚みがあり、重さもあります。使用されている素材としては鋼が一般的でした。鋼の刺身包丁は切れ味が良くおいしい刺身を調理することができます。しかしながらデメリットとしてメンテナンスが大変ということがあります。水気をすぐに拭き取って保管しなければ錆びてしまい、切れ味が悪くなります。また、こまめに刃を研ぐ必要があります。そのときにも複数の荒さの砥石を使用する必要があります。このようなデメリットを解消した刺身包丁があります。それは刃が鋼ではなく、セラミックでできている刺身包丁です。セラミックは水に触れても錆びない性質があります。つまり、錆びに対して神経質になる必要がないということです。また、研ぐときにはセラミック包丁専用の器具を用いることでできます。なお、切れ味については他のセラミック包丁よりも刃の表面の荒さを半分以下とすることによって鋭い切れ味を実現しています。また、刃が鋼であると食材ににおい移りすることがあり、食材の風味を損なうことがありましたが、そのような心配がないこともメリットとして挙げられます。また、光触媒加工を施している製品もあります。このような製品においては光に刃を当てることによって殺菌することができるので刺身のような生物を扱う場合においては非常に衛生的であると言えます。また、重さについても刃が鋼である刺身包丁と比べて非常に軽くなっていることから扱いやすいと言えます。しかしながら通常の刺身包丁と同様に硬い食材を切るときには不向きであることから切る食材を十分に調べることが大事なことは変わらないと言えます。また、落下などの強い衝撃などについても気をつける必要があると言えます。