>日本の包丁は今注目されています!

堺市の包丁

堺市で制作された秀岳の包丁

日本の包丁は今注目されています!大阪府堺市の包丁は世界でも有名なブランドになっています。その伝承は遡ると5世紀から鍛鉄技術が磨かれていた。そしてその技術は歴代の武将にも認められて、包丁は江戸時代に職人によってより研磨させられ現在の調理用刃物の種類が出揃ったと言われています。
その種類は大変多く、肉を切るための牛刀に、魚を切るための出刃、刺身包丁や野菜を切るための菜切り包丁等専用の刃物があり、一般の家庭でよく使用されている三徳包丁も日本独自に開発された刃物です。三徳包丁は魚、肉、野菜等多彩な食材を切ることが出来るので万能と言われています。肉を切る為に押し切りしやすい形になっており、野菜を切りやすく刃先に平な部分を作ることで断ち切る事が出来たり、軽く薄くして刻み切りをしやすく進化した刃物です。現在では海外でも販売されており、日本メーカーに限らず海外のメーカーでも取り扱われています。デザインも昔と違い、刃物と柄が一体化したモデルがあります。日本では柄を木製等にしてビス留めしたり、日本刀みたく柄に差し込んだりする形が取られています。
堺の刃物は職人の使用率は大変高くシェアの90%に及ぶと言われています。その刃物は材料が刃につきづらく、切れ味がいいのが特徴で料理人の負担を減らしてくれます。ステンレス製の刃物よりも固く、技術が上がった抜き刃物よりも未だに人気があります。
その中で作成されていた刃物で堺秀岳というモデルがあります。刃物は古く、現在では取り扱いも減ってきています。インターネットではオークションでの取引が多く一本1,000円から取引されています。秀岳というのは北海道に地名がありますが、そちらとの関連性等は特に無く発祥等も詳しくは知られていません。
大阪府堺市にはミュージアムもあり、包丁の起源や作成方法等を知ることが出来たり購入をすることもできます。もし和包丁に興味があるようならば訪れてみるのもいいかもしれません。更に愛着がわくことでしょう。